忍者ブログ
DSの事ならおまかせ!
-material by whim+
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
プロフィール
HN:
まみママ
年齢:
31
性別:
女性
誕生日:
1985/11/23
職業:
あきらの奥さん
趣味:
子育て&ゲームでーす
フリーエリア
powerd by 楽市360
フリーエリア
アーカイブ
カウンター
アクセス解析
[18]  [12]  [11]  [17]  [20]  [1] 
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

逆転裁判3 Best Price逆転裁判3 Best Price
カプコン
GAMEBOY ADVANCE Video Game
発売日 2004-10-01


弁護人として法廷に立ち、誰もが有罪だろうと思う被告人を弁護してスカッと逆転無罪を勝ち取る爽快法廷バトルアドベンチャーゲームシリーズ「逆転裁判」。3作目の本作ではシナリオテンポ、新旧合わせた魅力的な登場人物、過去と現在が複雑に絡み合うストーリーと、各面でボリュームアップしている。

前作までの主人公で熱血弁護士の成歩堂龍一が、なんと被告として法廷に立つシナリオが収録されている。殺人事件の容疑者となった大学生時代の成歩堂を、「1」では彼の上司だった綾里千尋が新米弁護士として弁護する。

プレイヤーは弁護士となって、証拠品、証言などの情報を集め、裁判中に入手した法廷記録をチェックしながら裁判を進めてゆく。証言の矛盾に気づいたら、証人にゆさぶりをかけたり証拠品を突きつけて真実を暴いてゆこう。

たぶんこの証拠品を突きつければ矛盾を証明できるかも? とあいまいな気分で構わないのが、ゲームならでは。しかし、逆に確信を持って「異議あり!」と突っ込めれば、法廷のどよめき、逆転裁判っぷりを感動をいたく体感できる。

緻密に張られた伏線からなる練りこまれたストーリーにより、シリーズを通して人気の、緊迫しつつもコミカルな法廷劇が展開する。また、サスペンスを暗いものにしない個性的で魅力的なキャラクターたちがおもしろみを増幅させている。

法廷バトル その3 2007-06-19
GBアドバンス、及びナルホド君最後の作品です。





もう3ともなるとナルホド君がかっこいいとさえ思ってしまってます。



そして全話を通して裁判開始前から絶望的な不利です(笑)





3はボリュームもあいまって最高でした



1〜3すべてが文句なしの作品はそうそう無いかとおもいます。





逆転裁判…すばらしいです☆


さらに詳しい情報はコチラ≫


PR
忍者ブログ [PR]